こんな筈じゃとならない為に!理想の賃貸選びをお手伝いします

特に独り暮らし初心者さんは気を付けて! 今までは気にした事も無かったけれど、当たり前に使っていた「アレ」。 実はちゃんとチェックしないと大変な事になってしまいます。 これからの快適な生活の為にも、「あればOK」ではなく「何がどうなっているか」までしっかりと確認しましょう。

悩みの種は家の外にも?注意すべき物件の周辺

引っ越しによって、今まで住んでいた部屋だけでなく周りを取り巻く環境も大きく変わります。 そんな中で、今まで大丈夫だった事や気にもしていなかった事が問題として浮上する事も。 後で後悔しない為にも、物件の周辺の見落としがちなポイントにも目を向けてみましょう。

ゼロはダメ!敷金礼金の意味は知ってる?

賃貸物件を探す時、必ずと言っていいほど目にする「敷金」「礼金」の文字。 もちろん意味は知っていますよね? 色々とお金がかかる引越しだけど、安ければイイと言う訳ではありません。 契約には難しい言葉が使われて分かりにくいですが、きちんと意味を理解してリスクを回避しましょう。

見落としがちな部屋の「アレ」はどうなってますか?

「理想の物件」と言われた時に、あなたはどんな条件のお部屋を想像しましたか?
それは間取りであったり、デザインであったり、部屋の設備であったり賃金であったりと、人それぞれの条件が思いついたと思います。
その「理想の条件」の中で一番に何に重きを置くかも、人によって様々でしょう。

しかし、明確に形としては思い浮かばなくても、誰しもが大前提として思い浮かべる条件は「住みやすさ」ではないでしょうか。
それはあまりに当たり前すぎて、賃貸物件を探す時に不動産屋さんにあえて伝える条件ではありませんが、だからこそ見落とされがち。
特にこういったものは、「便利だと思ったのに」や「こんなはずでは」と、住んでみないと分からない意外な部分に問題が隠れていることが多いのが難点です。
だからと言って実際にお試しで何日か住んでみるという訳にもいかないので、内覧などの際に、自分の目でしっかりと確認して見極める必要があります。

せっかく手間と時間を決めた「理想の部屋」でも、いざ暮らし始めた後から「しまった」なんて問題が出てきてしまうと、とたんに自分の中で価値がなくなってしまうもの。
そうならないためにも、物件選びは慎重になる必要があります。

このサイトでは、賃貸選びの際に特にチェックしたい「絶対に避けるべき賃貸の条件」を「部屋の設備」「周囲の環境」「契約内容」に分けてご紹介します。
長く心地よく住める賃貸と巡り合うために、ぜひ参考にしてみて下さい。


TOP