ゼロはダメ!敷金礼金の意味は知ってる?

礼金・敷金ゼロには注意!その理由は?

引越しにはどうしても初期費用がかかりますが、少しでも安く抑えたいと言うのが本音。

しかし、だからと言って「礼金ゼロ・敷金ゼロ」の物件には飛びついてはいけません。
何故なら、そのゼロには理由があるからです。
よくあるのが、何かしらの欠点がある物件を敷金礼金ゼロにすることで借り手を付けようとしているパターン。

もう一つが敷金礼金とは異なる名目でお金を払わなければいけないパターンです。
そもそも「礼金」とは、大家さんに部屋を貸してくれたお礼として渡すお金で、こちらは退去後も戻ってきません。

一方「敷金」とは、家賃の未払や退去時の修繕・清掃費が必要になった際に使うお金で、この敷金から必要分が差し引かれた残りは退去の際に返金されます。

礼金・敷金ゼロが怖い理由

たとえ「礼金・敷金ゼロ」をうたっていても、それぞれ別の名目で払わなければならない契約になっている事が多く、特に退去時には部屋の修繕・清掃費は敷金よりも値段が高くなってしまう可能性もあるのです。

また、以前「礼金・敷金ゼロ」の物件で家賃の振込が遅れた際、不動産屋が勝手に鍵を付け替えて部屋に入れなくされてしまったということも起こりました。

家賃の滞納はもちろん問題ですが、もし「敷金」を払っていればこんなような事にはならないはずです。

どうしても初期費用を抑えたい場合は「礼金・敷金ゼロ」の選択肢もありますが、普通の賃貸でも敷金はトラブルが起こりやすいとされているので、極力「礼金・敷金ゼロ」の賃貸物件を紹介する不動産屋との契約は避けることをオススメします。



TOP